8. アサモア・ギャン(ガーナ代表)

2010年ワールドカップでの熱戦が記憶に新しいガーナ。

しかし今予選では取りこぼしがめだっており、グループEの第5節ウガンダ戦では0-0で試合が終了に。この試合ではガーナが終盤にゴールを揺らすも得点は認められず、協会はFIFAに対して再試合を求めているという。

同組では前節エジプトが劇的な形で勝利し、28年ぶりとなるワールドカップ出場を決めている。