この夏、ドルトムントがマンチェスター・シティから引き抜いたことで知られるFWジェイドン・サンチョ。

シティのトップチーム練習に参加したことがあるタレントで、その将来性を見込み、ドルトムントは香川真司もつけた背番号「7」を手渡すなど期待の高さが窺えた。

ドルトムントではBチームでの出場しかないサンチョだが、現在はイングランド代表の一員としてU-17ワールドカップに出場中。

グループFに入ったイングランドは2連勝で決勝トーナメント進出を決めたのだが、サンチョは3ゴールと大暴れしている(「YouTubeで見る」からご覧ください)。

・チリ戦(1点目は00:35から、2点目は00:55から)

・メキシコ戦(00:46から)

2試合で3ゴールは得点ランキング2位タイの数字。流石は、弱冠17歳でドルトムントの7番を受け継いだ逸材だ。

イングランドはグループステージの最終節でイラクと対戦する。