現役からの引退を示唆したとされる元ブラジル代表MFカカ。35歳になった彼と、MLSオーランド・シティとの契約は今年末までだ。

そんななか、カカはInstagram上で今週末の試合が地元でのラストゲームになるなどと告げた。

Kakáさん(@kaka)がシェアした投稿 -
カカ(オーランド・シティMF)

「今はさよならを言う時だ。

でも、僕の心は幸せと喜び、そして誇りで満ちているよ。

日曜日がオーランドのユニフォームを着て、オーランドで戦うラストマッチになるだろう」

すでにプレーオフ行きが消滅したオーランドのレギュラーシーズンは残り2試合。日曜日のコロンバス・クルー戦がホームでの今季ラストゲームになる(最終戦は敵地でのフィラデルフィア・ユニオン戦)。

それを前にカカはお別れを告げるとともに、オーランドサポーターへの感謝を綴っていた。

だが、メッセージの最後には「もうすぐやって来るプロとしての挑戦に興奮しているよ」とのコメントも。これは移籍を意味するのだろうか…。