23日、中島翔哉が所属しているポルティモネンセは敵地に乗り込みヴィトーリア・ギマランエスと対戦した。

左サイドで先発出場した中島翔哉は前半15分、スペースに抜け出してペナルティエリアに入り込む。切り返しから右足!

中島翔哉は加入からわずか5試合の出場で4ゴール目となった。

このあと元鹿島アントラーズのファブリシオがさらに1点を追加し、さらに中島のパスからペドロ・サーがミドルシュートを決めた。0-3とポルティモネンセが大きくリードしていたが、後に1点を返され1-3に。

中島を75分に交代させたポルティモネンセは、さらにその後82分と88分に立て続けの失点を喫することになり、3-3の引き分けで試合を終えている。