元オランダ代表のディルク・カイトがナイトの称号を与えられた。『Voetbal International』が伝えている。

カトウェイクの市長からオランダのナイトの称号である「Order of Orange-Nassau」を授与されたのだ。

カトウェイクはカイトの生まれ故郷であり、同地の認知向上に貢献したことなどが考慮されたようだ。

また、カイトは自身の財団において障害者スポーツにも力を入れており、市長は彼のことを自治体における真の象徴とみなしているとのこと。

同賞は「社会に対して特別な貢献をもたらした者」に与えるとされており、これまでもクラレンス・セードルフなどの元オランダ代表選手たちに授与されている。