先週末に開催された、明治安田生命J1リーグ第31節。

『DAZN』では毎節独自にベストゴールとベストセーブのTOP5を選出しているが、今節は以下のゴールとセービングが選ばれた。

▼ベストゴールTOP5

1位:小泉慶(アルビレックス新潟)

2位:長澤和輝(浦和レッズ)

3位:知念慶(川崎フロンターレ)

4位:奥埜博亮(ベガルタ仙台)

5位:川又堅碁(ジュビロ磐田)

▼ベストセーブTOP5

1位:西川周作(浦和レッズ)

2位:大久保択生&徳永悠平(FC東京)

3位:大谷幸輝(アルビレックス新潟)

4位:新井章太(川崎フロンターレ)

5位:ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)

▼Qoly選定ベストゴール

『DAZN』では、「勝利以外は降格決定」という絶体絶命の中でチームを救った、小泉慶(アルビレックス新潟)のゴールが1位に輝いたが、Qolyでは兵藤慎剛 (北海道コンサドーレ札幌)の絶妙ボレーをチョイス。

コーナーキックのこぼれ球にいち早く反応し、自然体で右足を振り抜いた技術は感服。

(シュートのタイミングで)自身の右側にマーカーが存在したにもかかわらず、スピードを緩めずに、ランニングモーションからそのままシュート体勢に入ることは見た目以上に高難易度だ。

皆さんのベストゴールは?