『Talksport』は31日、「セルティック監督のブレンダン・ロジャーズ氏は、リヴァプール時代の補強について話した」と報じた。

2014年夏、リヴァプールはプレミアリーグ2位となる一方で、エースであったルイス・スアレスをバルセロナに放出した。

クラブはその後ミランからマリオ・バロテッリを獲得して失敗し、ロジャーズ監督は次年度に解任されることになる。

その夏のマーケットについて彼は以下のように話し、本当はアレクシス・サンチェスを獲得する予定だったと明かした。

ブレンダン・ロジャーズ

「我々はすでにルイス・スアレスが退団するつもりであることを感じていたんだよ。

そして、我々はそのポジションでワールドクラスの選手を獲得することを必要としていた。

我々はその時プレミアリーグを2位で終えており、いいレベルのサッカーをしていたんだ。

選手たちはフレキシブルであったし、次のステップを歩もうとするべき時が来ていた。

そして、我々はスアレスの後釜を獲得することが必要だった。そして、我々はその一人をアレクシス・サンチェスと位置づけた」