先日発表された日本代表メンバー。

長澤和輝や森岡亮太らフレッシュな顔ぶれが揃うなか、香川真司は落選となった。

シーズン開幕直後は出場時間が限られていた香川だが、最近はチームで結果を残しつつあり、アウクスブルク戦での得点はブンデスリーガの「月間最優秀ゴール」に選ばれている。

そのため香川としても代表落選は思いもしなかったようで、メディアに対して「正直このタイミングか」とこぼしたという。

そんな香川は代表落選後、初めてInstagramを更新。

「これからも今までやってきた事を信じて日々やるだけ。自分のプロセスや、目標を見失わず」というメッセージとともにアップされた写真は?

香川が投稿したのは仲間と一緒に写る写真。

実はこれ、香川がセレッソ大阪に加入した2006年加入メンバーたちとの一枚だ。柿谷曜一朗の姿こそないが、山下達也や小松塁、中山昇らが写っている。

どうやら香川はこのタイミングで自身の“原点”を振り返り、再起を誓ったよう。また、この日はセレッソ大阪がJリーグYBCルヴァンカップの決勝を控えており、それに触発されてのものだったかもしれない。