6日(月)に発表された、日本代表の新ユニフォーム。

コンセプトは藍色の一種「勝色」で深く濃いカラーリングになっているが、歴史を紡ぐ糸をイメージしたという「刺し子柄」にはファンの間で様々な意見が出ている。

そんな新ユニフォームを、選手たちが早速着てくれた!

7日(火)に行われたフォトセッションの様子を、日本サッカー協会(JFA)がYouTube上で紹介している。

実際に選手が着ているのを見ると、また違った印象を受ける!

写真ではより濃いイメージだったが、青色に近いかも?

遠くから見ると、刺し子柄がストライプ調に見えなくもない。