現在ワールドカップ出場をかけたスウェーデンとの予選プレーオフを控えているイタリア代表。

ホーム&アウェイで行われる2試合で勝利できなければ、1958年大会以来60年ぶりの予選敗退になってしまう。

それに向けて『Top Calcio 24』の取材に答えた元イタリア代表MFマウロ・カモラネージは、180分なら間違いなく勝てると主張した。

またともにプレーした選手の中で最も技術が高かったのは誰?と聞かれると、ディ・ナターレという答えを返したとのこと。『Tiscali』などが伝えている。

マウロ・カモラネージ

「プレーオフが1試合で行われるのなら、イタリアが敗退する危険はあるだろうね。しかし、180分なのだから、間違いなく突破するよ。

イタリアのような素晴らしい国は、常に大きな野心を持ってワールドカップに臨まなければならない。

悲観的な見方もあるだろうが、イタリア人はアッズーリのジャージが世界中で何を意味しているか、わかっていないのさ。

そこに入ったら、2度と味わえない感覚に襲われる。相手は恐れを抱き、リスペクトを持つんだ。

それは心に凄まじい炎を呼び起こす。2006年W杯の決勝は人生最大の喜びで、EURO2008でスペインに負けたことは最大の失望だ」

(チームメイトだったピルロが現役を離れることになったね。彼が最も技術的に高い選手だった?)

「彼はワールドカップ優勝という魔法を共有した素晴らしい選手だよ。

技術的にはそうじゃないね。最も優れていたのは、トット(アントニオ・ディ・ナターレ)だと言える」