かつてユヴェントスの主軸として活躍した元チェコ代表MFパヴェル・ネドヴェド。

『Eurosport』によれば、ともにプレーしたチームメイトのなかで最高の選手として、ズラタン・イブラヒモヴィッチの名前を挙げたという。

パヴェル・ネドヴェド

「チームメイトは大勢いるので、誰かを傷つけるようなことはしたくない。

だが、もし1人を挙げなくてはならないなら、ズラタン・イブラヒモヴィッチだ。

彼はDFを切り裂くことのできるストライカーであり、恐るべきパワーと高さを持っている。素晴らしいテクニックもね」

そのうえで、ユーヴェ加入当初はシュートが“下手”だったとも明かした。

パヴェル・ネドヴェド

「とはいっても、ユーヴェに来た当初はフィニッシュができなかったんだ。

今の彼があるのは、練習後に毎日ファビオ・カペッロが30分間のシュート練習をさせたおかげと言えるよ」