アンプティサッカーのクラブ日本一決定戦、第7回日本アンプティサッカー選手権大会2017が今週末、11日(土)と12 日(日)に開催される。

アンプティサッカー(Amputee Football)とは、病気や事故により上肢または下肢の切断障害を持った人々により行われるサッカー。

日本アンプティサッカー選手権大会はクラブチームの全国大会であり、今年も富士通スタジアム川崎で2日間にわたって熱い戦いが繰り広げられる。

開催地ということもありJリーグの川崎フロンターレが以前から大会を協賛しており、今年はこんな告知動画が配信されている。

中村憲剛と小林悠がアンプティサッカーに挑戦!やはりなかなかコツがいるようだ。

とはいえ、サッカーはサッカーであり、サッカーファンであれば楽しめること間違いなし。チケットも必要ないためお近くの方はぜひぜひ会場に足を運んでほしい。

なお、昨年の第6回大会は、動画最後で見事なキックを披露した“ヒッキ”ことエンヒッキ・松茂良・ジアスが所属するFCアウボラーダ(東京)が優勝している。