ワールドカップ本大会行きを懸けた欧州予選プレーオフ。

北アイルランド代表対スイス代表との1stレグがベルファストで行われた。

試合は後半13分にスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが決めたPKが決勝点。0-1でスイスが先勝する結果になった。

北アイルランドとしては、ホームで痛恨の黒星となってしまった。『BBC』では「ここ36年間における最大の試合は失敗に終わった」とも。

試合を分けたPKについて、両チームの関係者はこう述べている。

マイケル・オニール(北アイルランド代表監督)

「我々はPKについて忘れなければならない。後半はかなりよくなったし、ゲームはイーブンだった」

「ロッカールームには怒りがあった。この怒りを流さなければならない」

ジェルダン・シャキリ(スイス代表FW)

「あれがPKか否かは分からない。自分は枠に打とうとした。相手が手で触れたのか否かは分からない。

最終的にレフェリーがPKを与えた。それがフットボールさ」

バーゼルでの2ndレグは日本時間13日に行われる。