南米予選は最後の最後まで苦しみ、最終節で辛うじてワールドカップ出場を決めたアルゼンチン代表。そのロシア大会で使用する新しいユニフォームが、6日に発表となった。

今回のホームユニフォームは、伝統にモダンを取り入れた新たな息吹を感じるデザインとなっている。

アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム

“2018ワールドカップモデル”に位置づけられる新しいユニフォームは、クラシックな雰囲気が漂うデザイン。具体名は公表されていないが首周りやストライプの入れ方など、コパ・アメリカを優勝した1993年のユニフォームに近いデザインといえる。

アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム

シンプルなストライプがアルゼンチン代表の代名詞だが、今回はピクセルグラフィックを取り入れたモダンなストライプ。拡大画像だと濃淡をつけたピクセル柄が鮮明に!

アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム
アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム

1893年創立のアルゼンチンサッカー協会は、来年で創立125周年を迎える。それを祝してシャツの右裾には、月桂樹の葉で飾った“125”をエンボスでプリントした。その横には“2018”が入ったオーセンティックタグをプリント。

アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム

パンツはブラック、ソックスはホワイトが基調。ソックスの前面にはアルゼンチンサッカー協会の略称“AFA”、背面にはadidasロゴのグラフィックが入る。

アルゼンチン代表 2018 adidas ホーム ユニフォーム

アルゼンチンサッカー協会の創立125周年を祝うこのユニフォームは、11日にモスクワのルジニキ・スタジアムで開催されるロシア代表戦から着用予定となっている。