サッカーの試合に乱入すると、選手にタックルを決めてボールを奪った犬がいた。

アルゼンチン4部のセントラル・コルドバ対スポルティボ・ラス・パレハス戦で…。

ピッチに進入するとボールを追い掛け回す1匹のワンコ。すると、セントラル・コルドバDFマルコス・サンチェスの後方からタックルを決めてボールを奪ってしまった…。

完全に油断していたサンチェスは思わず笑ってしまっていたが、下手すると怪我していたかも?

一旦は“御用”となったワンコだったが、その後再びピッチに登場!今度はGKに抱えられてピッチを後にしていた。本当にサッカーが大好きなのかもしれない。