10日のブラジル戦で初使用された日本代表の新ユニフォーム。その発表に際し、ティーザーとして謎の甲冑が披露され話題となった。

アディダス 勝色アーマー

実はこれ、ちゃんと名前があった!

今回の新ユニフォームのコンセプトである『勝色』を表現した、その名も「勝色アーマー」。adidas独自のテクノロジーをモチーフとして制作されており、デザインにはいろいろと細かい設定?があることも明らかとなった。

アディダス 勝色アーマー

まず顔の部分。精悍さを感じさせる頬当だが、独特の形状でもある。

これはなんと、adidasのスパイクをモチーフにしているとのこと。言われてみれば、この素材感と“三本線”、ちょっと「エース」っぽい。

アディダス 勝色アーマー

袖や草摺の留め具も、どこかで見たことがあるような…そうこれは、スパイクのスタッドをモチーフにしている。この感じはハードグラウンド向けのスタッド?

アディダス 勝色アーマー

さらに、小手と手の部分はキーパーグローブ、足部分はシンガード(すね当て)にスパイクと、本当にサッカー的な要素が詰まっているのだ。

アディダス 勝色アーマー

「勝色アーマー」は現在、サッカーショップKAMO原宿店に展示中。ぜひ実物を見て、そのディテールの細かさを楽しんでもらいたい。