1998年以来となるワールドカップ出場を決めたモロッコ代表。

そんななか、『La Libre』が気になる情報を伝えていた。

モロッコのワールドカップ出場が決まった直後、ベルギーの首都ブリュッセルに300人ほどが集結して騒乱を起こしたという。

喧嘩沙汰になったり、クリスマス向けの市場を壊すなどの行為があったとも。

ブリュッセルにはモロッコ系の移民が多く暮らす地区もあるとされている。

同紙では人種について言及はしていないが、「トラブルメイカーたち」という伝え方もしていた。