欧州予選を無敗で突破し、11大会連続・15回目のワールドカップ出場を決めたスペイン代表。

6日に発表された新しいユニフォームは、印象深いあのデザインが復活。5-0で圧勝した11日のコスタ・リカ代表で“実戦デビュー”を果たし、来年のロシア大会に向けて幸先の良いスタートを切った。

Spain 2018 adidas Home

スペイン代表 2018 ホーム ユニフォーム

右側にあるダイヤモンドのグラフィックが印象深い新しいユニフォームは、1994年のワールドカップ・アメリカ大会で使用したadidas製1994-96モデルにインスパイアされたデザインとなっている。

ジョゼップ・グアルディオラ、ルイス・エンリケらを擁した94年大会は、準々決勝でイタリア代表に敗れて姿を消した。

スペイン代表 2018 ホーム ユニフォーム
スペイン代表 2018 ホーム ユニフォーム

正面から見るとよく分かるグラフィックは、チームカラーの3色(イエロー、ブルー、レッド)で彩った。

7番を付けたアルバロ・モラタは、11日に行われたコスタ・リカ代表戦でチームの2点目を決めている。

スペイン代表 2018 ホーム ユニフォーム

パンツはブルー、ソックスはブラックを基調。ソックスの前面にはスペインサッカー連盟の略称“REFF”、背面にはadidasロゴのグラフィックが入る。

【次ページ】GKユニとプレゼンテーション・ジャケットも!