『Don Balon』は11日、「トッテナム・ホットスパーのイングランド代表FWハリー・ケインは、いつかレアル・マドリーに移籍するという目標を持っている」と報じた。

先日トッテナムはチャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦し、ウェンブリーとサンティアゴ・ベルナベウで試合を行った。記事によれば、その際にハリー・ケインとクリスティアーノ・ロナウドは互いに魅了されたという。

ケインはこれによってレアル・マドリーに移籍したいという目標を抱き、マウリシオ・ポチェッティーノ監督にそれを伝えたとのこと。

ただ、それは将来的にチャンスが有った場合の話であり、現時点ではロシアW杯のことだけを考えているという。

ハリー・ケインはトッテナムに満足しており、他のプレミアリーグのクラブに移籍することは選択肢にない。

しかし国外への移籍については排除しておらず、レアル・マドリーはその最優先の選択肢になるとのことだ。