ワールドカップ行きに黄色信号が灯っているイタリア代表。

スウェーデンとの予選プレーオフ1stレグに0-1で敗れてしまったのだ。サン・シーロでの2ndレグは文字通り運命の一戦になる。

主軸MFマルコ・ヴェッラッティが出場停止となるなか、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督がどういった布陣で臨むのか注目される。

『Eurosport』では、予想フォーメーションについて3-5-2になるだろうと伝えていた。

イタリアの予想フォーメーション

守護神ジャンルイージ・ブッフォンの前には『BBC』を配置。

中盤ではダニエレ・デ・ロッシを外して、ブラジル出身のジョルジーニョを抜擢する可能性を示唆している。アズーリの重鎮であるデ・ロッシだがトップフォームではないとされており、そのためにナポリで活躍するジョルジーニョが大一番で先発するかもしれないようだ。

そして、前線もチーロ・インモービレの相方としてアンドレア・ベロッティではなく、マノロ・ガッビアディーニを起用するかもしれないとのこと。 

今季トリノで不発気味のベロッティ。吉田麻也の同僚であるサウサンプトンFWガッビアディーニは、プレミアリーグで存在感を発揮する25歳のレフティだ。ただ、今W杯予選では30分ほどしかプレーしていない。

決戦での大胆なサプライズ起用はありえるのか…。試合は日本時間14日、午前4時45分にキックオフされる。