ワールドカップ予選でまさかの敗退となってしまったイタリア代表。

60年ぶりの悲劇に失意が広がるなか、サン・シーロでの試合でのあるシーンが話題になっている。『Sky Sport』などが伝えている。

【動画】イタリア対スウェーデン ハイライト

それはローマMFダニエレ・デ・ロッシを巡る出来事。34歳のベテランはこの日、ベンチスタートだった。

ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督のスタッフから途中投入に向けてウォームアップを命じられると、デ・ロッシは厳しい表情でこう言い放ったという。

ダニエレ・デ・ロッシ

「なぜ俺がウォームアップしなきゃならない?俺が何をするんだ?ストライカーをプレーさせろよ!」

「俺達は勝たなきゃならない。同点じゃダメなんだ」として、デ・ロッシはナポリFWロレンツォ・インシーニェのほうを指差したという。

つまり得点が必要なんだから、MFである自分ではなくアタッカーを入れろ!と反発していたようだ。

ただ結局、デ・ロッシもインシーニェも投入されることなく、最後までベンチに置かれたままだった。

なお、デ・ロッシは代表を引退するとブッフォンが語ったという情報もある