先月、6大会連続15度目のワールドカップ出場を決めたイングランド代表。

近年ユース世代が目覚ましい飛躍を遂げているものの、A代表が国際大会を制したのは疑惑の判定もあった1966年ワールドカップのみ。毎度、優勝候補の一角に数えられながらファンを失望させている。

これに対し、過去4度も世界王者に輝いたドイツ代表でプレーするトニ・クロースは、イングランド代表が「勝てない理由」についてこのように述べた。

イングランド代表が勝てない理由、クロースはこう考える

先日の親善試合でイングランドと0-0で引き分けたドイツは、14日にフランス代表と対戦する。