インテルの日本代表DF長友佑都が、トルコの名門フェネルバフチェから関心を持たれているようだ。『Fanatik』が伝えている。

昨季トルコ1部リーグで3位だったフェネルバフチェ。チームにはロビン・ファン・ペルシーらが在籍しているが、今夏のUEFAヨーロッパリーグ予選では敗退の憂き目にあった。また、リーグ戦でも今季は7位と中位に甘んじている。

そのフェネルバフチェは左サイドバックを探しているようで、長友が新たな補強候補に挙がっているという。左だけでなく右サイドでもプレーできることから、バーサタイルな選手を好むアイクト・コジャマン監督にとっても有用な存在になるとも。

今年で31歳になった長友とインテルとの契約は2019年6月末まである。