今季、ハンブルガーSVにデビューしたMF伊藤達哉。ニコライ・ミュラーとフィリップ・コスティッチの故障により思わぬチャンスが巡ってきた形だが、すでにブンデス6試合に出場している。

そんななか、『Hamburger Morgenpost』が気になる情報を伝えていた。

それによれば、ハンブルクはセルビアの若手タレントに“具体的な関心”を寄せているという。

ターゲットとされているのは名門ツルヴェナ・ズヴェズダに所属するFWルカ・アジッチ。

セルビアU-21代表でもある彼は1998年生まれの19歳、184cmと大柄ながら左ウィングを主戦場とするアタッカーだ。

現在の契約は2018年末までとなっており、市場価値は50万ユーロ(6,622万円)ほどだとも。先週行われたUEFA U-21欧州選手権予選セルビア対オーストリア戦にスカウトが派遣されていたとのこと。

伊藤とは体格こそ異なるが、年齢的にもポジション的も重なるだけに気になるところだ(伊藤は1997年生まれ)。