イタリアに競り勝ち、3大会ぶり12回目のワールドカップ出場を決めたスウェーデン代表。

サン・シーロでの2ndレグではイタリアの猛攻を凌ぎ、タイムアップのホイッスルが鳴ると選手たちは感情を爆発させた。

その後、選手たちはアウェイにまで駆けつけたサポーターと喜びを共にしたのだが、スウェーデンのベテランMFセバスティアン・ラーションがやったパフォーマンスが話題だ。

自身のユニフォームを高らかに掲げるラーション。

どこか見覚えのあるセレブレーションだが…

そう、これは昨シーズンのクラシコでメッシがやったあのパフォーマンス!

その後、クリスティアーノ・ロナウドもスーペル・コパで見せ話題になったが、このムーブメントはしばらく続きそうだ。

なお、この日の出場によってラーションのプレー試合数は「96」に。パトリック・アンデションと並び、代表11位タイとなった。