『L'Equipe』は14日、「アル・フジャイラで監督を務めているディエゴ・マラドーナ氏は、アルゼンチン代表に復帰したい意思を示した」と報じた。

先日行われたナイジェリアとの親善試合で2-4とまさかの大量失点を喫して敗北したアルゼンチン。

その試合を見て、あのマラドーナが自身のInstagramで吠えた!

これは歴代のアルゼンチン代表監督の成績表。2008年から2010年ワールドカップまで指揮を執ったマラドーナ氏は、この中で最も高い勝率を誇っている。

ディエゴ・マラドーナ

「誰ならもっと勝てるのか?結論を導こう。私は怒っている。彼らが誇りを投げ捨てようとしているからだ。

しかし、これは選手たちの責任ではないよ。私は戻りたい」