『Expressen』は15日、「イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシは、スウェーデン代表のバスを訪れ、謝罪と祝福をしていた」と報じた。

先日行われたワールドカップ予選プレーオフでは、スウェーデン代表がイタリアを2試合合計1-0で破って本大会に進んだ。

サン・シーロはイタリア人のファンで埋め尽くされ、スウェーデン国歌には激しいブーイングが行われるなどの場面もあった。

そんな緊迫した90分の後、スウェーデンの選手たちにとっては非常に驚くべきことがあったという。

選手がチームバスに戻ると、そこに突如イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが訪問。

ワールドカップ出場を祝うとともに、国歌にブーイングをしたファンの振る舞いについて深く謝罪をしたというのだ。

デ・ロッシと対面したスウェーデンの選手たちは、彼の振る舞いに対して以下のような感想を述べたとのこと。

ポントゥス・ヤンソン

「(その時バスの雰囲気はどうだった?)こんなことがあるのかと。なんという紳士だと。最高の瞬間だった。デ・ロッシは素晴らしい人物で、真のキャプテンだ」

ケン・セマ

「誰もが思った。何と大きな男だとね。ビッグプレーヤーであり、そしてあの言葉。素晴らしい振る舞いだ」