現在トルコのイスタンブルBBでプレーしているトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール。

2006年にモナコからアーセナルに移籍したが、その後退団しマンチェスター・シティと契約する。

その初年度の2009-10シーズン、アーセナルとの試合でゴールを決めた彼は、古巣のファンに向かって膝で滑るパフォーマンスをし、大きな批判を受けることになった。

挑発的な行為だとして2万5000ポンド(およそ345万円)の罰金が言い渡されることになったが、アデバヨールはあれが正しい行動だったと信じているという。『So Foot』のインタビューで明かした。

エマニュエル・アデバヨール

「あれは、アドレナリンの仕業さ。

あのあと、FAが僕に対してナイスな罰金を食らわせてきた。

しかし、僕は200万ユーロ(およそ2.76億円)の罰金を支払わなくてはいけなかったとしても、それをやることを考えただろう。そしてやっただろう。

そうするつもりはなかったんだが、5000人の観客が僕の家族を侮辱するのを聞いたものだからね。全く関係ない時に。

試合前には2トンの重圧を受けていたが、それが20キロになったような感じだった。

走り始めた時、ライト=フィリップスが僕を止めようとした。しかし彼は小さいから、肩でぶつかったら吹っ飛んだ。

それからギャレス・バリーがやってきた。彼は足がとても遅い。ちょっと走ったら置いていけた。

センターサークルの周りにはコロ・トゥレがいて、彼はすぐに僕に好きにさせたほうがいいと気づいたんだろう。

僕が膝で滑って、手をファンに向けて広げると、まるで無敵の男であるように感じられたよ。

人々があらゆるものを投げてきた。電話、ボトル。たじろぐことはなかったね。何も当たらなかった。ヒュヒュッと外れだ。まるで映画みたいだったな。

何年もの間刑務所にいるような感覚だった。そして突如こう言われた。『おう、ドアを開けて出て行け。君は自由だ』と。

そういう感覚だった。救済だね」