筆者名:永井義文

元フットサル日本代表、元シュライカー大阪の選手で、名古屋グランパスのFWである永井龍の兄。現在は指導者として、各種メディア、イベント出演、解説など、日本フットサル界を盛り上げるべく活動中。よしもとクリエイティブエージェンシー所属。 当コラムでは、「仲良し兄弟」として有名な自らのエピソードを軸にして、「仲良し兄弟の秘訣」を伝えていく。


インスタグラム: nagai_yoshifumi
ツイッター: @nagai8
プロフィール: 公式Webサイト

さて、コラムも今回で第三回目です。

僕のコラムを初めてご覧になる方は、「なぜこのような連載を始めたのか」と疑問に思うところもあるかと思いますが…、その理由はvol.1でお伝えさせて頂いたので、そちらをご覧になってから読んでいただければ幸いです。

今回扱うテーマは題して、「親の『ありがとう』と『ごめんね』が、兄弟の仲を良好にさせる!」です。

早速その理由に迫りたいと思います。

まず、兄弟姉妹で喧嘩を避けることは絶対にできません。

喧嘩は起こることが当然ですし、重要なのは「喧嘩を回避すること」ではなく、「喧嘩の前後にどうするか」です。

そこで大切になるのが、喧嘩をしたりルールを破った際に必ず「ごめんね」と言えることであり、何かをしてもらったら「ありがとう」と言えることです。

これは不思議なもので、家族間で出来るようになれば、また、学校や家庭外で友達や様々な人にでも出来るようになれば、自ずと兄弟の仲も良くなっていきます。

人間関係を良くするための「魔法の言葉」と言っても、決して大袈裟ではないかもしれません。

今思えば、父や母からもその重要性を説かれてきました。

そして、ここからが今回の一番大切な所になります。

それは、永井家では、ただ子供に教えるのではなく、父と母が自ら率先して行っていたということです。

父から母への「ありがとう」と「ごめんね」。

母から父への「ありがとう」と「ごめんね」。

それらの言葉は常日頃から家庭内で飛び交っていました。

また、父や母が僕ら子供たちに対して間違ったことをした時に、しっかりと謝られたことも覚えています。

僕たちはこういう姿を子供の頃からよく見てきたわけですが、親が子供にこの光景を見せることは、とても大事なことだと感じています。

周りによくいませんか?

自分のミスを認めず全て人のせいにして、なんとかその場を逃れようとする人が。

あなたはそのような人を見てどう思いますか?

自分のミスを認め、謝ってくれた人とのほうが信頼関係を築けていませんか?

それは親子でも兄弟でも同じでしょう。

また、自然に「ありがとう」と言い合える関係が、信頼関係を深めるとも言えるかもしれません。

父と母は、お皿を運んだ時、リモコンをとった時、洗い物をした時、洗濯物をたたんだ時…どんな些細なことでも必ず僕たちに「ありがとう」と言ってくれました。

そして、子供ながらにその言葉が嬉しかったことを覚えています。

「子供だから…」となめてはいけません。

思っている以上に、子供は親の行動を見ているものです。

僕自身、いつも見ていないフリをしながらも、父と母の行動をよく見ていましたから…。

前回(vol.2)のコラムで取り上げた「挨拶」、そして今回の「ありがとう」と「ごめんね」を今から徹底してみてください。

簡単なようで難しいかもしれませんが、自然と兄弟の仲も良好になっていきますよ。