レギュラーシーズンが終了した2017シーズンのJ2。

V・ファーレン長崎の自動昇格、ジェフ・ユナイテッド千葉による怒涛の7連勝など今季も終盤戦にドラマがあった。

今週末からJ1昇格プレーオフがスタートするが、その前にレギュラーシーズンの振り返ろう。

今季行われた全42試合でフル出場を果たしたのは一体誰?

GK:笠原 昂史(水戸ホーリーホック)
GK:柴崎 貴広(東京ヴェルディ)
GK:髙原 寿康(町田ゼルビア)
GK:秋元 陽太(湘南ベルマーレ)
GK:白井 裕人(ツエーゲン金沢)
GK:ビクトル(FC岐阜)
MF:永田 亮太(カマタマーレ讃岐)
GK:増田 卓也(V・ファーレン長崎)
DF:鈴木 義宜(大分トリニータ)

今季、42試合×90分=3780分でプレーしたのは9人。

基本的にはGKが多いが、讃岐MF永田亮太や大分DF鈴木義宜といったフィールドプレーヤーも含まれている。

なお、あと一歩のところでフルタイム出場を逃したのがアビスパ福岡DF亀川諒史。

亀川は全42試合に出場したもののプレー時間は3771分とフルタイム出場に9分足らず、第32節の愛媛FC戦で81分に交代となっている。