浦和レッズ、10年ぶりのアジア王者なるか。ACLは決戦の時が迫っている。

2002年に大会名称を「アジアクラブ選手権」から「AFCチャンピオンズリーグ」に変更後、日本のチームが決勝に進出したのは2007年と2008年の2大会のみ。だが、その両大会でJリーグ勢は優勝している。

そこで今回は、Jリーグ勢と今年の浦和の対戦相手アル・ヒラルが出場した決勝戦を、当時のユニフォーム画像で振り返ってみたい。

AFCチャンピオンズリーグ 2007 決勝

優勝:浦和レッドダイヤモンズ 準優勝:セパハン(イラン)

2007 ACL決勝 浦和レッズ セパハン

浦和レッズにとって記念すべき大会。アウェイでの第1戦を1-1で引き分けると、ホームでの第2戦を2-0で勝利して初優勝を飾った。なお浦和はグループステージから無敗での優勝だった。

浦和レッドダイヤモンズ

メーカー:Nike スポンサー:DHL

2007 ACL決勝 浦和レッズ セパハン

Jリーグなど国内用キットの胸スポンサーはスポーツサプリメントの“SAVAS”だったが、ACL用キットは“DHL”(国際宅配便)がスポンサーを務めた。

2007 ACL決勝 浦和レッズ セパハン

決勝戦の2試合ともシャツ、パンツ、ソックスは同じ色を着用。長谷部誠はアジアチャンピオンとして出場した12月のクラブ・ワールドカップを最後に、2008年1月ヴォルフスブルクへ移籍した。

セパハン

メーカー:Uhlsport スポンサー:Esfahan's Mobarakeh Steel Company

2007 ACL決勝 浦和レッズ セパハン

決勝戦は2試合ともホームキットを着用した。イエローはクラブの伝統で、胸スポンサーのエスファハーン・モバラケ製鉄はクラブのオーナー企業。右胸にチームエンブレム、左胸にイラン国旗をプリント。

2007 ACL決勝 浦和レッズ セパハン

出場チームは右袖には大会バッジ、左袖にはフェアプレーバッジを装着。

2007年のクラブ・ワールドカップは日本開催だったため、準優勝のセパハンが浦和に代わって「開催国代替枠」で出場した。

【次ページ】2008年大会 決勝