『Mediaset』は25日、「カルロ・アンチェロッティ氏は、サウジアラビアからのオファーを拒否した」と報じた。

先日、9月に就任したばかりのエドガルド・バウサ監督を解任することを決めたサウジアラビア代表。

来年夏にはワールドカップの本大会を控えている中で、サウジアラビアサッカー協会は新たな監督選びを早急に進めているとのこと。

そして今回サウジアラビアはカルロ・アンチェロッティ氏に接触を行い、かなり大きな額のオファーを提示したという。

しかしアンチェロッティ氏はその役割を受け入れるつもりはなく、オファーを拒否したとのことだ。

また、現在噂になっているイタリア代表監督就任という話も、この段階ではあまり前向きではないという。

少なくとも、カルロ・タヴェッキオ会長が辞任したイタリアサッカー連盟の新しい指導者が決まるまでは、オファーを受けるつもりはないようだ。