快進撃を続けるマンチェスター・シティ。

29日(水)に行われたサウサンプトン戦も、後半アディショナルタイムに劇的な勝ち越しゴールをあげ2-1と勝利した。

14節を終えたプレミアリーグで落とした勝点はわずかに「2」であり、この段階で勝点40を記録してたのは史上2度目のことである。

そんなシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督には、実際に指導してみて感銘を受けた特別な選手がいるようだ。

ペップをして、「シティの歴史に残る」と言わしめたプレーヤーとは?


記者会見の場で、ダビド・シルバを絶賛したペップ。

以前もシティの監督に就任した理由にシルバの存在を挙げていたが、普段は静かな青年でありながらピッチに立つと勝負する姿勢を見せるそのギャップを非常気に入っているという。