4年に1度の祭典であるワールドカップが来年ロシアで行われる。それを前にドイツの『ran』が気になる情報を伝えていた。

あの『キャプテン翼』が2018年ワールドカップ版として戻ってくるというのだ。高橋陽一さんによる同シリーズは1981年から連載が始まった世界的な人気作品。

「『少年ジャンプ』が24話による2つのシーズンが作製されることになると伝えた」と『AS』が報じたとしている。

テーマ的にはロシアW杯予選+本戦での日本代表の戦いで、ロナウド、メッシ、そしてマヌエル・ノイアーのようなスター選手も登場するかもとのこと。

実際、『AS』ではこの話題を伝えているが、そこでは上記3選手とは交渉中の段階だとしている。そして、ソース元は同じく『少年ジャンプ』とされている。

ただ、日本でのはっきりとしたソースは確認できず。人気作品だけに海外でも期待度が高まっているようだが、果たして…。