16位:埼玉スタジアム2002
スタジアム収容率: 54.1%

17位:味の素スタジアム
スタジアム収容率: 54.1%

18位:エコパスタジアム
スタジアム収容率: 54.0%
※3試合の開催

19位:デンカビッグスワンスタジアム
スタジアム収容率: 52.9%

20位:札幌ドーム
スタジアム収容率:49.2%

21位:札幌厚別公園競技場
スタジアム収容率:48.8%
※2試合の開催

22位:日産スタジアム
スタジアム収容率:38.1%

23位:エディオンスタジアム広島
スタジアム収容率: 38.1%

24位:神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
スタジアム収容率: 35.2%
※3試合の開催

1位はジュビロ磐田のホームスタジアムであるヤマハスタジアム。

ヤマハスタジアムはキャパシティが1万5165人なのに対し、今季は平均で1万3832人の動員を記録。収容率91.2%は1位であり、90%越えというのは驚異的な数値である。

以下、メインスタジアムでは川崎フロンターレの等々力陸上競技場(82.4%)、柏レイソルの日立柏サッカー場(78.2%)が続いている。