『IB Times』は4日、「アル・アハリのマネージャーを務めるサイード・アブドゥル・ハーフィズは、リヴァプールに警告した」と報じた。

今夏のマーケットでサウサンプトンのオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクを狙っていたというリヴァプール。

しかしその交渉は失敗に終わっており、先日ジョエル・マティプも怪我で離脱。クラブは新しいセンターバックを探し回っているという。

そこで注目しているのが、WBAでプレーしているエジプト代表DFアハマド・ヘガージーであるという。

今夏のマーケットでアル・アハリからWBAにローン移籍し、プレミアリーグでも活躍を見せている大型ストッパーだ。

もちろんムハンマド・サラーとはロンドン五輪時代からのチームメイトである。

しかしハーフィズ氏は以下のように話し、まずはWBAの入札があるかないかが重要だと宣言し、リヴァプールはその後だと語ったという。

サイード・アブドゥル・ハーフィズ

「WBAがヘガージーの保有権を買うかどうかの最優先事項である。

もし彼らが買うとなれば、500万ドル(およそ5.6億円)が必要だ。

リヴァプールは今のところWBAよりも高い入札をすることは出来ない。選手はローンで出ていて、WBAとの契約があり、新しい交渉に入る必要はない」

ただ、当然WBAに買い取らせてその後買うということは可能であり、ローン契約があるから冬の移籍が不可能というわけではない。