『Football London』は5日、「セビージャのMFスティヴン・エンゾンジは、アーセナルと移籍交渉を行う」と報じた。

今夏のマーケットでセビージャを離れるのではないかと言われたエンゾンジであるが、結局残留を決意した。

しかしエドゥアルド・ベリソ監督とはあまり良い関係を築けておらず、先月のリヴァプール戦ではハーフタイムで交代に。

その後彼は試合中にもかかわらずスタジアムを去り、翌日の練習をスキップ。さらに監督を批判するようなコメントを発表した。

現在彼はチームのメンバーからは外されており、ビジャレアル戦とデポルティーボ戦ではベンチ外になっている。

そして、『AS』によれば現在アーセナルが彼の獲得に関心を持っており、セビージャから移籍の許可を貰っているという。

エンゾンジはすでにロンドンに飛んでおり、アーセナルと移籍交渉を行う可能性が高いとのことだ。

なお、エンゾンジの契約には3500万ポンド(およそ48.28億円)の契約解除条項が付随しているようだ。