『Daily Mail』は6日、「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、ジョゼ・モウリーニョのコメントに反撃した」と報じた。

CSKAモスクワ戦終了後、マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督は以下のように話した。

ジョゼ・モウリーニョ

「エリック・バイリーは今週末にはプレーできない。フィル・ジョーンズとマルアヌ・フェライニは可能性がある。

ズラタン・イブラヒモヴィッチは大きな可能性がある。マティッチは怪我をしているが、間違いなくプレーは可能だ。キャリックは出られない。これは真実だ。

私は真実を伝えている。彼は怪我をしているがプレーはできるということも。

ラカゼットやダビド・シルバのようなことはないのだ。全てが真実さ」

これが指しているのは2日に行われたアーセナル対マンチェスター・ユナイテッドの試合。鼠径部の怪我が伝えられていたアーセナルのラカゼットが、結局プレーしてゴールも決めた。それについてチクリと言ったのだ。

それについてアーセン・ヴェンゲル監督は以下のように返答したとのこと。

アーセン・ヴェンゲル

「彼がプレーできないと思っていたが、最終的に彼は出場できた。私に何をしてほしいのか?彼を家に送ればよかったのか?

私はいつも正直だ。彼は本当にプレーできないと思っていた。金曜日の朝にテストをした。それでも彼がやれるかは確証がなかった。

それから、彼はやってみることになり、プレーした。それもサッカーの一部だろう」

「他の選手は皆大丈夫だが、ムスタフィのフィットネスにはやや問題がある。

彼は少し太ももに怪我がある。小さなものだがね。サウサンプトン戦には出られる可能性があるが、週末のウェストハム戦は厳しいね」