5日から6日にかけて行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第6節。

この結果、Round of 16に進出する16チームが決定した。

【1位通過】

マンチェスター・ユナイテッド(グループA)
PSG(グループB)
ローマ(グループC)
バルセロナ(グループD)
リヴァプール(グループE)
マンチェスター・シティ(グループF)
ベシクタシュ(グループG)
トッテナム・ホットスパー(グループH)
【2位通過】

バーゼル(グループA)
バイエルン(グループB)
チェルシー(グループC)
ユヴェントス(グループD)
セビージャ(グループE)
シャフタール・ドネツク(グループF)
ポルト(グループG)
レアル・マドリー(グループH)

アトレティコ・マドリーやナポリ、ドルトムントといった強豪が敗退になるなど、波乱もあった今季のCL。

次なる注目はベスト16の組み合わせ抽選会だが、チェルシーが引きうる対戦相手が話題となっている。

CLに出場したイングランドクラブの中で、今回唯一の2位通過となったチェルシー。そのためベスト16ではこれらのチームとは対戦せず、同じグループだったローマとも当たらない。

したがってチェルシーが対戦しうるのはPSG、バルセロナ、べシクタシュという3チームになるのだ。

また、PSGとベシクタシュが同一グループだったチームを除く7チームと対戦しうるのに対し、バルセロナがくじを引く可能性があるのは5チーム。

このためバルセロナ対チェルシーという黄金カードになる確率が高いのだという。

2000年代からCLの舞台で数々の名勝負を繰り広げてきた両チーム。今季、再び対戦が実現するだろうか?

ベスト16の抽選会は日本時間11日(月)午後8時から行われる。