J1優勝を経験し、悲願の初タイトルを獲得した川崎フロンターレMF中村憲剛。

タイムアップの笛が鳴り他会場の結果を知ると、ピッチに倒れひと目もはばからず大粒の涙を流した。

そんな中村はここ数日、様々なメディアやイベントに出演しており、落ち着いてSNSを更新する時間がなかった。

優勝から1週間近くが経った8日(金)、サポーターの間で流行している #フロサポ優勝の瞬間 というハッシュタグを使用する形で、当時のことを回想した。

中村によれば、この一戦ではジュビロ磐田対鹿島アントラーズ戦の結果を知らずにプレーしたいたよう。

逆転優勝を信じて応援するサポーターの姿に胸を打たれ、「皆さんと作ったこの素晴らしい雰囲気の中でもし優勝したらって考えたらすでに泣きそうだった」と振り返っている。