今季、ネイマールを史上最高額で獲得したPSG。悲願のCL制覇に向け、グループステージを首位で突破した。

そんななか、『L'Équipe』が気になる情報を伝えている。

それによれば、スペイン人のウナイ・エメリ監督がこの1月にも退団する可能性があるという。PSGのナースル・アル・ハライフィ会長は、そのプレースタイルに満足していないとのこと。

リーグアンでは2位に勝点差9ポイントをつけて首位を快走するPSG。今季はここまで無敗を続けていたが、ここにきてストラスブール、CLバイエルン・ミュンヘン戦と連敗を喫した。

クラブはすでに後釜を探しており、ディエゴ・シメオネ、アントニオ・コンテ、ジョゼ・モウリーニョらが候補に挙がっているという。

シーズン中の退任はチームにとってもリスキーなはずだが、いずれにしろCLで準決勝に進めなかった場合には契約更新の可能性はまずないだろうとも。