昨季ブンデスリーガで2位と大躍進を見せたRBライプツィヒ。今季は初めてUEFAチャンピオンズリーグにも参戦したが、惜しくもグループステージでの敗退が決まった(3位でEL行き)。

そんななか、ホームで行われたベシクタシュとの最終節で悲しい出来事が起きていた。

レッドブル・アリーナでの試合を観戦していた73歳のサポーターが昏倒。その後、病院へと搬送されたものの、息を引き取ったという。心不全を起こしたとされている。

チームとしても敗退とともに辛い出来事になってしまった。

週末、ライプツィヒはマインツをホームに迎えてリーグ戦を戦う。