今季のJ1でもフルタイム出場を飾り、横浜F・マリノスの躍進に大きく貢献した中澤佑二。

先日行われたJリーグアウォーズでも優秀選手賞に輝いている。

そんな中澤はアウォーズの開演前、『DAZN』のバックステージ・インタビューに登場。

チームが下馬評を覆す好成績を残したことについて、こんな大暴露をしていた。

中澤 佑二(横浜F・マリノス)

(上位でシーズンを終えることができましたけど、いかがですか?)

「順位は良いとこいますけど、内容的にはロクなもんじゃないからね、マリノス。

34試合中、たぶん8割くらい攻められっぱなしだよ?」

(そんななかでも、失点数を抑えて後ろからチームをまとめてたと思いますけどね)

そう見てくれるとありがたいんですけど、やってる方からすると苦しいシーズンだったですけどね」

(毎試合、テーピングを巻いてるのを見てると痛々しくて心配なんですけど、大丈夫ですか?)

「それはだから、頑張ってますよアピールですよね」

これぞ中澤節!

なんとか上位争いを演じたが、選手たちにとっては苦しいシーズンだったようで「内容的にはロクなもんじゃないからね」と辛辣なコメントを残していた。