17-18シーズンももうじき折り返し。

プレミアリーグは16節が終了となっており、今月23日(土)の試合で全20チームが他のクラブと一通り対戦したことになる。

そんななか、盛り上がっているのが得点王争い。上位5名の顔ぶれはこのようになっている。

1位:ムハンマド・サラー(リヴァプール)13得点
2位:ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)12得点
3位:セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)9得点
4位:アルバロ・モラタ(チェルシー)9得点
5位:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)9得点

サラーとケインが1点差で争い、アグエロ、モラタ、スターリングの3選手が9ゴールで並んでいるという状況だ。

そんな今季の得点王争いだが、以外ないことにPKでの得点が非常に少ない。

その内訳を見てみると…

1位:ムハンマド・サラー13得点(0本)
2位:ハリー・ケイン12得点(0本)
3位:セルヒオ・アグエロ9得点(3本)
4位:アルバロ・モラタ9得点(0本)
5位:ラヒーム・スターリング9得点(1本)

アグエロが3点、スターリングが1点をPKであげているが、なんとその他の選手はPKなしでここまで来ているのだ。