12月12日に行われたハダーズフィールド・タウンとの試合で3-1と勝利を収めたチェルシー。

首位のマンチェスター・シティが全く負けないためにポイントギャップは広いままであるが、徐々に調子を取り戻してきたところを見せた。

話題になっているのはこの試合の後に行われたフラッシュインタビューの模様だ。

(チェルシーはタイトルレースに戻ってきた?)

ウィリアン

「わかっている。難しいよ。14ポイントだからね」

エデン・アザール

「11だよ。勝ったから。戻ってきたさ」

ウィリアン

「(笑)戦い続けなければならないよ。最後まで。我々はチェルシーだ。ビッグクラブなんだ」

(※1:40あたりから)

この段階ではシティがまだ試合を行っておらず、「まだシティが勝つと決まったわけじゃないよ」とアザールがツッコんだわけだ。

その後、MOTM(マン・オブ・ザ・マッチ)を獲得したアザールが、1ゴール2アシストを記録したウィリアンにトロフィーを手渡し…。

今季色々と言われてきたチェルシーであるが、チームの雰囲気がいいことを感じさせるやり取りだ。