12日(火)に行われたコッパ・イタリアのベスト16。

インテルは3部に在籍するポルデノーネと対戦し、無事ベスト8に駒を進めた。

試合は0-0で終了し、PK戦で決着をつける形に。7人目にまでもつれた状況で登場したのが長友佑都だった。

ポルデノーネはジュリオ・パロディが失敗しており、「これを決めればインテルが勝利」という場面で長友の出番に。

そのキックを見てみると…

これは上手い!

キックフェイントで相手GKを惑わすと、狙いすましたシュートで左のサイドネットにボールを蹴り込んだ。

長友がPKを蹴るシーンはかなり珍しいが、実は職人だったのかも?