『Calciomercato』など各メディアは、「インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、3名の選手がほしいと話した」と報じた。

16試合を終えた段階で12勝4分けと好調で、現在セリエA首位に立っているインテル。

財政的にはかなり厳しいと言われているが、スクデットやチャンピオンズリーグ出場権を獲得することで賞金を手にできる。

そのためにむしろ投資を行うと考えられており、ハビエル・パストーレやヘンリフ・ムヒタリャンなど大物補強の噂もある。

それについて聞かれたスパレッティ監督は以下のように話し、到底獲得できない3名をジョークとして挙げた。

ルチアーノ・スパレッティ

「移籍マーケットには注意が必要だ。クラブや会長がこの間にどのような動きをするか、真の意志が明らかにされるまで、私たちは黙っているべきだと思うよ。

シーズン前に君たちメディアが期待を作り、それに値する選手が来なかったから信頼を失う…というのは、ファンにとっても、選手にとっても良くないことさ。とりわけ、それは結果に関するものだよ。

欲しい選手?そう言うのなら、教えるよ。

ここに来て欲しい3名の選手は、セルヒオ・ラモス、アンドレス・イニエスタ、そしてアレクシス・サンチェスだ。

それに向けて仕事をするよ、良いかい?

インテルを引き継いだ人々には、それに値するリスペクトを与える必要がある」