まさかのJ3降格から一年でJ2復帰を果たした大分トリニータ。

2年目の片野坂知宏監督とともに迎えた2017シーズンは、開幕戦でいきなりアビスパ福岡をアウェイで撃破。その後も特にアウェイで強さを見せ、J1昇格争いに絡みつつ9位でフィニッシュした。

この結果を受けて片野坂監督は続投が決定。今オフの動きも注目される彼らが12月20日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

Oita Trinita 2018 Puma Home

大分トリニータ 2018新ユニフォーム

大分の新しいホーム(1st)ユニフォームは、チームカラーの青に力強さを感じさせる黒を組み合わせ、クラシカルなストライプ柄を表現。

トリニータのユニフォームとしてはおそらく初めてといえるデザインだ。

大分トリニータ 2018新ユニフォーム

Pumaとのサプライヤー契約が21年目を迎える大分。今回のデザインはオーダーシステム「PUMA TRIBES」からストライプモデルというテンプレートを使用したものとなっている。

大分トリニータ 2018新ユニフォーム

なお、ユニフォームの右側が切れているのは元画像によるもの。

【次ページ】アウェイはグローリーモデル!