『Mediaset Premium』によれば、セリエA第17節アタランタ対ラツィオ戦のスタンドにビッグクラブのスカウトたちが集結していたという。

バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、モナコのスカウトが注目している選手のひとりは、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチだそう。

22歳の大型MFはスカウトたちの目の前で2ゴールを叩き出す活躍を見せた(試合は3-3の引き分け)。

ミリンコヴィッチ=サヴィッチは190cm以上を誇るMFで、スケールの大きな逸材だ。ラツィオは彼に1億ユーロ(132億円)ほどの“値札”を付けているというが…。

また、同じくラツィオに所属するオランダ人DFステファン・デ・フライは今季限りで契約が満了することからこちらも注目を集めている。

さらに、アタランタにも有望な若手が多いために、この試合にはスカウトたちが詰めかけていたようだ。