2017年も残りわずかとなるなか、年間ベスト級のスーパーゴールが決まった。

英4部リーグ第23節、コヴェントリー対ウィコム戦で…。

驚きの位置からダイレクトで超ロングシュートを決めたのは、コヴェントリーMFマイケル・ドイル。今季古巣に復帰した36歳の大ベテランは、40メートル以上の距離から驚愕の一撃を決めてみせた。

3-2で勝利した試合後、コヴェントリーのマーク・ロビンス監督は「ドイルの練習で取り組んできた仰天のシュートで先制できた」とコメントしていた。

確かにGKは前に出ていたが、練習していたとは…。